中部大学

社会人のための実践的な学び MOT型MBA 中部大学ビジネススクール・MBA 経営情報学研究科 経営学専攻 修士課程

中部大学MBAの生涯学習

Cumba(MBA同窓会)

2016年度 MBA同窓会の活動案内

  1. (1) 7月2日(土)14:00~ 総会ならびに講演会講演
    「企業文化の違いを受け止め最高の仕事へ『自動車部品メーカーで作業して』」 石橋克昭氏(6期生)
  2. (2) 9月2日(金)~9月3日(土) 「YKK黒部事業所・昼セリなど富山見学会」
  3. (3) 12月9日(金)19:00~20:20 講演会兼忘年会
  4. (4) 2017年2月4日(土)9:00~  修士論文発表会の聴講
  5. (5) 2017年3月19日(日)18:00~  修了記念パーティ

卒業後も続く中部大学MBAの「生涯学習」

1) 中部大学MBA同窓会を中心にした生涯学習

中部大学MBAの魅力は様々な業界で活躍している同窓生のネットワークです。ともに机を並べて学んだ友人だけでなく、在学年度の異なる先輩や後輩との交流はビジネスの幅を広げる貴重な「生涯学習」の場となっています。総会、夏期学習合宿、工場見学会、修士論文発表会、などのイベントがあります。

2) 卒業生聴講制度

在学中は時間に追われて聞き逃した講義科目があっても、開講されているものについては卒業後にゆっくりと聴講できる制度があります。また、在学中にはなかった科目や、新しい先生の科目についても聴講ができます。MBAの卒業生には聴講料を格安に設定していますので是非ご利用ください。

3) 経営相談・経営支援

在学中はご自分の会社の経営革新を修士論文のテーマに取り上げて、指導教員とともに知恵を絞りますが、この絆は卒業とともに消えてなくなるわけではありません。卒業後にも中部大学MBAでは経営相談・経営支援に積極的に応じています。卒業生がビジネスの場で成功をおさめることが、中部大学MBAの基本的なミッションです。

一期生 奥村さんが語る中部大学MBAの生涯学習

卒業してからも学びあえるMBA

中部大学MBA一期生
(有)奥村工業所
代表取締役 奥村 康祐 氏

中部大学MBA在学中は、先生方をはじめ仲間に恵まれ、充実した日々を過ごすことが出来ました。このMBAのもうひとつのメリットは「同窓会」という名の異業種交流会です。われわれ1期生が卒業と同時に、小野桂之介先生が「生涯勉強しあえる仲間作りをこれから大切にしたい」と話されたことに賛同して生まれました。
基本的には年5回会合を持ちます。1.総会、2.夏期学習合宿、3.工場見学会、4.修士論文発表会、5.修了記念パーティーなどです。もちろん先生方も参加していただきます。会えば自然とビジネス交流会が発生して大変活発です。中国に転勤中の修了生も駆けつけてくれます。
修了してからも、学友や先生とはビジネスパートナーの付き合いができます。

過去の中部大学MBA同窓会イベント例

総会(6月)

活動結果報告や活動計画案が発表されます。総会後には講演会や懇親会も行われます。

夏期学習合宿(8月)

  • 水戸理化ガラス 平沼社長講演(2011年 中部大学名古屋キャンパス)
    東日本大震災の被災地は東北だけではない。在学生の授業の一環として、茨城県水戸市から平沼社長をお招きした講演会。卒業生にも声をかけていただきました。質疑応答では在校生より卒業生のほうが活発?
  • 犬山市議会議長 山田拓郎氏講演(2013年 犬山温泉臨江館ホテル)
    犬山市議会議長の山田拓郎氏をお招きして「城下町再生!犬山の挑戦」のテーマのもと、城下町の移り変わりや城下町再生の取り組みについて講演いただきました。
    夜は犬山温泉で疲れをとり、翌日は犬山城見学へ。

工場見学(11月)

関ケ原製作所の工場見学
  • 永井海苔(株)(2012年 愛知県豊橋市)
    MBA2期生である及部さんの勤める永井海苔(株)へ工場見学に行きました。食品の品質管理、味の管理が非常に勉強になりました。
  • 犬山焼窯元 後藤陶逸陶苑(2013年 愛知県犬山市)
    後藤陶逸陶苑では、陶芸の現場を見学しながら陶芸の歴史や伝統工芸ビジネスのお話を伺うとともに、陶芸体験を行いました。

修士論文発表会(2月)

修士論文の発表会は、卒業生にも案内がきます。旧友との再会、新しく同窓会の仲間になる2年生との交流が毎年楽しみです。

修了記念パーティー(3月)

同窓会の主催で、修了記念パーティーが開催されます。MBAの学位取得を同期の仲間、先輩、教職員と祝うとともに、同窓会の新たな一員として一歩を踏み出します。