中部大学

社会人のための実践的な学び MOT型MBA 中部大学ビジネススクール・MBA 経営情報学研究科 経営学専攻 修士課程

あなたの疑問にお答えします

(1) 仕事と学業の両立はできますか?

標準修学期間は2年ですが、週に1~2回程度しか受講できない場合は 修学期間を4年まで延長できるなど、それぞれのご都合に合わせた 弾力的な学習が可能です。
自分の努力次第になりますが、先輩の体験談が載っているブログをご紹介 しますので、参考にして下さい。
http://ameblo.jp/kousuke1025/archive1-200703.html
(左のアーカイブの2007年3月~2008年3月のうちブログのヘッドラインの”テーマ:MBA”を順次ご覧ください。)

(2) 学費はいくらくらいですか?

初年度に約70万円、2年目に62万円の約132万円です。
厚生労働省や春日井市から補助金が出る場合もありますのでご相談下さい。

(3) どこでどんな講義がありますか?

平日の夜は鶴舞の名古屋キャンパス、土曜日は春日井キャンパスでの講義 になります。詳しくはカリキュラムを参照して下さい。
先輩の体験談が載っている(1)に示すブログを参考にして下さい。

(4) MBAの資格のメリットはどんなことがありますか?

名刺に経営学修士の名称を入れることが出来ます。 社会的に大学院の学識を持った人として認識していただくことができます。
また、自社の課題を持ち込んで、修士論文のテーマとすることができて、有識の 教授が解決に向けた指導を行うことから、修士論文の結果は会社として有益なものになると考えられます。

(5) こんな自分でも入学できますか?

受験の条件として、大卒以上またはそれと同等の学力が必要ですが、まずはメールにてお問い合わせ下さい。

(6) 入試はいつで、どんな面接がありますか?

入試面接は10月上旬と2月中旬にあります。面接時間は正味20分程度、 志望動機、将来計画、小論文に関するなどがよく取り上げられます。 特に事前準備はいりません。

(7) 卒業までに何をしますか?

修学期間は原則として2年ですが、週に1回から3回しか授業に参加 できない場合は、修学期間を4年まで延長できるなど、柔軟に対応 しています。
一般的には、指導教官の指導のとおりに努力して研究を進めれば、一般的には、指導教官の指導のとおりに努力して研究を進めれば、原則として2年間ですが、4年まで延長できるなど、柔軟に対応しています。また、特に優れた業績を上げた者は、1年で卒業できる場合があります。
先輩の体験談が載っている(1)に示すブログを参考にして下さい。
また個別にご質問のある方はメールにてお問い合わせください。